整骨・整体・接骨・ねんざ(捻挫)・打撲、腰痛、神経痛、五十肩、膝痛
AONAMI.JP
診療を受ける 問い合わせる
トップページへ

ワンポイント・アドバイス

このページでは、よくある症状とその対応方法についてアドバイスしています。以下のような症状が起きた場合などにどのように処置をすればいいかを明記しています。

捻挫、打撲などの場合の応急処置

ケガをするとその部分に炎症が起き、痛み・発赤・腫れ・機能障害という症状がでてきます。その場合は以下のような処置を行います。

「RICE処置 (ライス処置)」
R−Rest(安静)
T−Ice(冷やす)
C−Compression(固定・圧迫)
E−Elevation(挙上・心臓より高くする)

まず氷のうなどで患部を15分位冷やします。次に包帯で圧迫・固定してください。寝るときは患部を心臓よりも高くするようにしてください。


○ケガをした日にやってはいけないこと
1.温める
2.無理に動かす
3.強いマッサージ